こんな私が整理収納アドバイザー

こんな私が整理収納アドバイザーになりました

デジタルのデメリット

こんにちは、一休です。

さぁ、夏休みも最終日。雨で学校のプールもお休み。本当にどんよりとしたお天気の多い夏でした。まさかの夏休みブックのくもりシールも早々売り切れ。日も大分短くなって、秋の気配。今日はグッと涼しいです。

 

家計簿をデジタル化して1ヶ月。

旅行先でも家計簿をつけてレシートをバシバシ捨てられるのってデジタルの醍醐味よね〜とカメラでレシートを読み込み…今のちゃんと入力できたかな?とアプリ内のカレンダーをタッチしてみると、強制終了。え?再度立ち上げてみる…合計金額が0になってる。は?先月分は?と再度カレンダーをタッチ、強制終了。

どういうことかよくわからないけど、とりあえずお知らせを見てみると7月末にバージョンアップされていたらしい。え?もしかしてこれのせい?

ツィッターを見てみると、どうやら不具合が出ている模様。私だけではないみたいだけど、データが消えてるっぽい。なんだか始めてすぐにこれって…アナログの祟りか、なんて思ったり。そうは言ってもすぐ復旧するのかな。 

8月10日すぎに再度アプリを開いてみると不具合のお知らせが。やはりバージョンアップ後、うまく作動してないらしい。原因究明中とのことだが、不具合の現状をメールで送らなきゃいけないらしい。送るまでがめんどくさいし、何言われてるのかわかりづらい…途中で断念。今までが便利だっただけにとても残念でならない。

ツィッターではそろそろみなさんお怒りモード。他のアプリに変えたという方もチラホラ。溜まっていくレシートを見て不安になる…このまま待つべきか、他に乗り換えるべきか。

ああ、これがデジタルのデメリット。

手書きで紙じゃないからバックアップを取っておかなきゃどうにもならないってやつ。いやいや、そこまで真剣にやろうって思ったわけじゃなく、なんとなしに付けてただけだし、まだ2ヶ月目だし…バックアップなんてそんな大袈裟なこと言われても…ってのは言い訳にならないんだろうか。昭和アナログ世代の負け惜しみなんだろうか。

これは、デジタル化に踏み切った時に参考にした本の著者のように、ダメなら1ヶ月で削除…すべき事例なんじゃなかろうか。

いや、でも、これだけすばらしいアプリ。復旧してくれるならぜひまた使いたい、もう少し待って治るならそれにこしたことはないわけだし…。

半月以上経ってしまった。アプリは配信停止中とのこと。このご時世にこのまま復旧しないなんてことも考えられるのか?言っても無料配信のアプリだもんな…。

溜まりに溜まったレシートを見ながら葛藤。

私なりに考えて、とりあえず他のアプリをダウンロードしてみる。溜まりに溜まったレシートを読み込んで廃棄。今までのアプリはデスクトップからは移動したものの、とりあえず保留することにした。

この新しいアプリ、スムーズでなかなかできるやつ。ただ私には出来すぎていて、そこまで望んでないんだよなぁ…と思ってしまう。クレジットカードを登録しようもんならそっちのサイトまで飛んでくれる。うーん、そういうつもりじゃないんだよな…もっとゆるいかんじでいいんだよな…。

前のアプリ…不具合のくせに、レシート入力の時間だよ!とちょいちょい言ってくる…ちょいちょい開くものの、ため息。まだダメか。

またレシートが溜まり出した。

すると、前のアプリ、ようやくアップデートされてる!ダウンロードしてみると、どうやら不具合メールがスムーズに送れるようになった。と喜んだのも束の間、それのみだった。まだ復旧できないらしい…

ああ、もう!!

でも、わかった。自分の気持ちがハッキリと。やっぱり今までのアプリがいい。いつ復旧するかわからないけど、それでも待つことにする。新しいアプリはとりあえず8月分だけ使おう。あとはレシートためて待とう。

私待つわ、いつまでも待つわ。

てやんでえ、こちとら情の深い昭和製だい!

明日から待ちに待った新学期。