読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな私が整理収納アドバイザー

こんな私が整理収納アドバイザーになりました

図書館ライフ

こんにちは、一休です。

ようやく朝から気持ちのいい晴れ。こうでないと1日のやる気ってもんが下がります。頼みますよ、お天気。

 

図書館。

朝9時から夜8時までやっていて、好きな本を2週間20冊も貸してくれる。

読み終わった本は引き取ってくれて、また新しいのを貸してくれる。

借りたい本がその図書館になくても、近隣の図書館から取り寄せてくれて、届いたら連絡してくれる。

人気の本は予約ができて先に予約した人から順に貸してくれる。順番が来たら連絡してくれる。

なんて、優しい心配り。活用しないなんてもったいない!

私は割と労働時間の長い職場にいたので今までなかなかうまく活用できていませんでした。でも、子供が生まれたら図書館に通ったりしたいなぁなんて思っていたんです。

子供が生まれて図書館を調べてみると、前に住んでいた地域は図書館の数も少なくて車で行かないとつらい距離…しかも5時までしかやっていないので仕事をしていると土日に行くしかない。土日に行けば駐車場が大混雑…という環境でした。図書館は当たり前の様に長い時間やってくれてるもんだと思っていたのですが、自治体によって違うのだということを初めて知りました。

 

引っ越してきて図書館が近くにある環境に!

時間も、9時から8時までやってます。失って初めて気づいたこのありがたさに再会したら、嬉しくて仕方がない!もう友達や妹に説法しまくり。

水曜日はお話し会も開催してくれているので、帰りの早い子供たちと毎週水曜を図書館の日に決定!

念願の図書館ライフ!!

お話し会は子供達2人で参加してくれるので私はゆっくり本を選べる…読みたかったハリーポッターのシリーズから、読書芸人オススメの作家さんの本、好きな作家さんの本を順番に読んだり、昔断念したシリーズに手をかけるのもいいかも…、エッセイや心理学、片付けの本や料理本、ダイエット本に手芸の本…。

20冊も貸してくれるので選びたい放題。ジャケ買いの様に選んでたとえ失敗しても問題なし!ついついたくさん借りてしまって読みきらず返して、また次に借りたりして…。ああ、なんて贅沢なこと。

子供達も好きな本を選ぶ…上の娘はじぃじに勝つための将棋の本だったり、下の娘はアンパンマンの本や迷路の本。…絵本って買うと高いんですよね…たくさん与えたいけど、一時期だけだし…とつい本屋さんから足が遠のいてしまいますが、ここなら好きなだけ選ばせることができる。娘たちよ、このありがたさを忘れるでないぞ。

そんなこんなで図書館ライフを満喫していたのですが、学校のプールの授業でクラスで一番下手ということを自覚した上の娘。スイミングに通いたいとのことで、帰りの早い水曜をスイミングに当てることに…。

さようなら、水曜日の図書館ライフ…。

寂しいかな次第に図書館へ足が遠のく…。

人間なんてそんなもの…あれだけ欲しがったのに簡単に手放してしまう…新しい生活に流されて次第に思いも薄れていく…

 

ところが、上の娘。お友達に図書館好きの子がいて、そのお友達の読書通帳の量に感化され、いつの間にか図書館ライフを再開してる…何冊か本を借りてきて、読んでは記帳し返却し、なんだかんだで継続しているではないか。おかげで読書が好きになったとまで…。なんだか私は置いてけぼり。でも、まぁ、ありがとう読書通帳!ありがとう友よ!

そんな抜け駆け図書館ライフ再開娘が本を返しに行くというので、私も便乗して久々に図書館へ。いつも歩いて行っていた図書館とは家から反対にある再開娘が友と一緒に行っている図書館へチャリでGO。

あ〜やっぱり図書館ってすばらしい。

ああ、図書館ライフ!アゲイン!!

この思いを蘇らせてくれてありがとう、娘よ。置いてけぼりの件は水に流そう。

そんな私はようやくネット登録して、蔵書検索もスマホでできるようになり、人気の本も2冊予約。

うん、蔵書システムも簡単に使えることだし、やっぱり家の本はどんどん手放そう。

これで図書館は私の本棚ってもんだ。

これで毎日が図書館ライフ。

f:id:ikuko1953wata:20170308112007j:image