読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな私が整理収納アドバイザー

こんな私が整理収納アドバイザーになりました

おばあちゃん子

こんにちは一休です。

昨日の雪とは一変、今日はいいお天気でしたね〜

こんな日は朝からお洗濯お洗濯〜と一応シーツは回したんですが…

あれ?今日週末じゃね?体操着とか持ってくんじゃね?ってことで、普段の洗濯はステイ…

うちは構造上⁉︎ベランダがない家でして…

なので、常に部屋干し…

なので、開き直って後回し…

 

さて、私は生まれた時から母方の祖母と一緒に暮らしてきました。なのでおばあちゃん子。

祖母は早くに祖父に先立たれ、女手一つで三姉妹を育てた人だったので、子供の頃から「女でもきちんと仕事をしなさい。出世させてもらえるのならありがたく役職につきなさい」と言われて育ちました。

母も私が小学校に上がった時からずっと同じ会社で働いています。

私が初めて就職した会社を辞めたいと言った時も、「どんな仕事でも3年は続けてみなさい」と言われ、その教えのとおり、なんとか3年してから転職したものです。その後、祖母は他界し、去年17回忌を終えたのでかなり時を経てるんですが、今でもふと、おばあちゃんだったらこういうだろうな、とか、おばあちゃんこのお菓子好きだったなぁなんて買っちゃったりします。

そんなおばあちゃん子だった私はおばあちゃんの教えの通り、転職は2回したものの結婚しても妊娠しても子供が生まれても仕事をしてきました。

 

ところが今から一年半前に、仕事を辞めることになりました。

関西から東京に戻ることになったんです。

東京といえば…

保育所問題…待機児童…

それに加えて、取り柄のないアラフォーの転職…

いやいやムリムリムリムリ。

ま〜ツッコミどころ満載ですよね。

 

え?この私が仕事をしないですって⁉︎

掃除嫌い、洗濯嫌い、料理必要ないならしたくない、の私が⁉︎

 

たかがおばあちゃんの教え…

されどおばあちゃんの教え…

これがなかなかの葛藤でした。

ひとまず東京の生活に慣れるまでってことで、おばあちゃんの教えに背き、初めて仕事をしない私になったのであります。