こんな私が整理収納アドバイザー

こんな私が整理収納アドバイザーになりました

自腹の女

こんにちは、一休です。

9月はバタバタと忙しい…私の中では年間忙しいランキング3位なんですが、9月の忙しさが嫌いじゃないのは気候のせいなんでしょうか。

 

以前、どこかで耳にした自腹の女は強いって言葉。たしかに!とすごく納得させられたのですが、こないだそれを再認識。

私の理想の体型は、ヨガの先生。親友と一緒にスポーツクラブに通いはじめ、いろんなスタジオのクラスに参加した中でやさしいヨガのクラスがありました。そのクラスは割と年配の方々が多く、ご夫婦で参加されている方も数組いらっしゃって、30代前半の私たちが一番若いかんじでした。そのクラスのヨガの先生は小柄な50代後半?って感じの方でした。ムキムキではなく、細すぎず、バストもヒップも女性らしくプルンとしているのに、ウエストはスッキリしていて手足も程よく細い。必要なところにはきちんとついて、なのに無駄なお肉はない、やりすぎていないけれど行き渡っている…まさに理想の体型でした。あんな風に歳を取りたいなぁと思っていました。その後、その先生に教わったコンニャク湿布の成果なのかすぐに妊娠したので数ヶ月で退会してしまいましたが、10年くらい経つ今でも先生のことを思い出します。

先週受けた健康診断。いろいろある中で衝撃的だったのが腹囲測定。もちろんのこと太った自覚はありましたし、体重増加も把握していた通り。でも、腹囲の結果にびっくり。予想外です…自分の予想の遥か彼方上をいくぶっ飛びっぷり。言葉も出ずにパネルの確認登録をタッチ。

ああ、そこまで行ってたか私の太っ腹…数字を突きつけられてようやく自分の現状を理解。今まで、なんだかんだで自分に甘くしてきたツケが回ってきた。夏休みも調子乗っちゃって太めキープ。ヤバいよヤバいよヤバいよ。

いつやるの?今でしょ。きっとこれがターニングポイント…このまま開き直ってキープオンデブの道を行くのか、ここでなんとかしてあの50代後半のヨガの先生の体型を目差す道を行くのか。

今こそ、自腹を切る時だ。

どーんと払ってやろうじゃないの…

そうだ、ヨガ行こう!

帰るなり、数回行ったホットヨガの会員カードを引っ張り出す…もう5年も前だった。とりあえず両隣の駅にスタジオがあるのは知っていたので検索。どうやら秋の入会キャンペーンやってるみたい…これはチャンス!と思ってメンバーズカードの番号を入れてみるとメール登録がされてないのでコールセンターへ連絡してくださいとのこと。ついでにキャンペーン対象かどうか確認してみると、どうやらそのキャンペーン対象ではないとのこと。うーん、残念…でも、そんなことで折れるほど弱くない太っ腹な女。

とりあえず隣駅の用事ついでに申し込みへ。目星をつけていたコースで申し込もうとすると、5年以上経過してるので新規キャンペーンの対象になるとのこと。ただし、キャンペーン終了後4ヶ月の継続が条件とのこと。

うーん、とつい悩む…今はまだ秋だからいいけど冬場にちゃんと通えるだろうか…とりあえず確実に1ヶ月ずつ払ってちゃんと通えるか確認してみたほうがいいんじゃなかろうか…自腹となると様々な葛藤が。

つて、いやいや…悩んでる場合じゃない!今までのツケをそんな短期間で返せると思うなよ!継続して自腹切って細くなってやろうじゃないの!目指せメリハリボディだ!と思い直し、キャンペーンの体験レッスンを予約。そうなると今日は自腹を切るのはおあずけ。体験レッスン後に契約の自腹を切ることになるそうな。さようならではまた今度とスタジオを後にする。

これからはレッスン後は2時間くらい食べられなくなるのかぁ…ならば行っておかなければならないところが。

f:id:ikuko1953wata:20170920180303j:image

今後削ぎ落ちるだろう贅肉に上乗せ。

以前一緒にスポーツクラブに通い、ホットヨガにも一緒に入会した親友に写メ送ってみた。

自腹の女は強い。

断水と早寝

 こんにちは、一休です。今日は健診を受けに行きました。一人ランチしようか迷いつつバリウムと下剤を飲んだのでそそくさと帰宅。

 

家の近所あちこちで水道工事。この辺は水道管の替え時のようで、あちこちの道が掘り起こされています。

私は宵っぱりの朝寝坊。子供たちが寝てから録画した番組を片っ端から見て、気が済んでからお風呂に入る…というのが日課になっています。ドラマは邪魔されずに1人でゆっくり見たいんですよね〜。なので、子供が寝てからゆっくり見たい。

断水。

1週間前にお知らせがポストに入っていました。いよいようちのとこも水道管交換。21時から3時までの間の30分って範囲広めだな、と思いつつも、その日はバタバタとお風呂に入りかなり早めに寝ました。前の日に夜更かししたせいか熟睡。ここ数年で1番ぐっすり寝られたんではないかというくらい、朝起きた時にスッキリ。いつもはダルオモ〜なのに、それがない。やはりもう少し早く寝るべきなんだろうなと下に降りると、ダンナから昨日の工事の音がうるさくて何度か起きたと聞かされる。ウソでしょ?そんなうるさかった?とびっくり。となりで寝てたはずなのに…なぜ?

そんな夫婦の温度差はあるものの、全く断水感ないね、水も普通に出る、昔は断水となったらなんだか一大イベント的な感じだったよね、水道ひねったらお水ブホホホホッてなったよね、なんて話しておりました。

するとその2日後、帰宅したダンナがまたポストに入ってたよ、と断水のお知らせを持って帰宅しました。今日だって、と。え?やってなかったの?なんで?って言ったら、雨の時は延期しますって書いてあるよ、と。いや、確かに雨降ってたけど、あんな霧雨程度でもダメだったのかね?どおりでブホッてならなかったわけだといいながらも水が出なくなるヤバイヤバイとバタバタとお風呂へ。食洗機も明日の朝回すか…とまた早めに就寝。慌ただしいものの翌朝、これがまたなかなかいい目覚め。

 

ところがその夜9時ごろピンポーンと来訪。今から30分程断水してもよろしいですか?と工事の方。へ?そうなんですか…わかりました…ととりあえずお返事。

ダンナと…こんな週末の9時すぎに断水って不意打ちすぎるよな…ってか2回目は確実に雨降ってなかったのに、やってなかったのかよ!こんな何回も断水って…やるやる詐欺か!とブツブツ…。でも、仕方ない、新しい水道に変えてくれるんだ…断水って言っても30分だしね。お風呂まだだけど、30分だしね。なんにもできないけど30分だしね。と言い聞かせ、イライラを落ち着かせる。すると、またピンポーン。

すみません…ちょっとお水止められないみたいなので…また今度にさせていただきます、と工事の方、心なしかしょんぼり声。

はぁ、そうですか、わかりましたと返答。…やっぱり…止められなかったか…近くに飲食店もあるし、事前連絡なしの週末の夜はキツイよな。さて、今度はいつになるのやら。

 

そして昨日ようやく無事、断水が行われました。お知らせが入っていたのですが、かなり断水予定時間も短くなっており、0時から2時の間の30分とのこと。お知らせ見るなりダンナが、こりゃかなり苦情言われたなと推察。その時間なら基本文句言わないよね。なんて話しながら、先に食洗機回しちゃうかとくつろいでいると22時頃ピンポーンと。今から15分断水させてくださいと工事の方。は、はいどうぞ、と返答。

あ、食洗機!どうする?あと50分だけど…くそぉ完全裏目に出た、悔しすぎるがこれは止めるしかない…と敢えなく中断。

そのまた15分後に、終わりましたと言いに来てくれました。夜中の断水は?と聞くと、作業が早くなり今やらせてもらったのでこれで断水は終わりです、とのこと。

ああ、ようやく終わった。なんだろう、やはり残るモヤモヤ感。食洗機もやり直し。たった15分。この15分になんだかいろいろ振り回された気がする。乳首ドリルばりに、すんのかいせぇへんのかいすんのかいせぇへんのかいすんのか〜い!だったからそれが強く感じられた。

 

唯一の収穫は、早寝すればぐっすり寝られるってこと。これは断水がなければ気づかなかったかも。

これを機に早寝だ!断水を機に早起きママにシフトチェンジ!

うーん、それはそうなんだけど…夏ドラマが最終回ラッシュだし…他に録画番組見る時間ないし…やっぱり早寝は保留。

せえへんのか〜い!

ソウルフード

こんにちは、一休です。

週末はたっぷりお祭りを満喫し、今日の幼稚園のお迎えはなんだかまったりモード。私も今週バタバタと予定があり、なんとなく気忙しさ満開。忘れっぽいアナログ人間の私もようやく携帯のリマインダーを使えるようになり、今日も設定しなかったら忘れてただろうことを見事にクリア!セーフです。

 

マイソウルフード。それは、もんじゃです。

幼なじみのおうちがもんじゃやさんをやっていたので子供の頃から慣れ親しんでいた味。ただ、もんじゃは外食で食べるものという感じでした。たまに家族でそのお店に行って食べる…ご飯っぽくないもんじゃが夕飯なんて嬉しくないはずはない!テンションあがりまくりでした。

中学生になると放課後に駄菓子屋さんのようなもんじゃやさん…一杯100円でチーもんベビーが食べれるところや五色もんじゃ200円のところに、友達と行ったりしていました。今もやってるのかな…。

20歳をすぎてから、中学生の友達同士が結婚したおうちに遊びに行ったら出してくれたもんじゃ。そこで初めて、そうか、もんじゃって家でできるんだと知りました。簡単だよ〜と聞いて帰ったものの特にやるわけでもなく…相変わらずもんじゃは外で食べるもの、でした。

結婚して、大阪に行ってから無性にもんじゃが食べたくなり、家でやってみることになりました。やはりあちらはお好み焼きorたこ焼き文化…もんじゃを置いてるお店もほとんどなくて、おうちもんじゃをやることになったのです。クックパッドで作り方を検索し、作ってみると簡単!とってもおいしい!ビールに合う!そのうえ原価も安い!

周りの関西人ももんじゃを食べたことがないという人が結構いて、振舞ってみるとなかなか好評。お好みほど重くないし、アテにありやな!ってなもんで、その後うちで集まるとなるともんじゃが定番になりました。

f:id:ikuko1953wata:20170909131829j:image

こちらへ帰ってきてからお気に入りだったお店が程なく閉店してしまったこともあり、いつの間にかもんじゃはおうちで食べるものになりました。

ベースはウスターソースなんですけど、何入れてもいいので、いろんな味が楽しめます…明太子もんじゃ、カレーもんじゃ、キムチもんじゃシーフードもんじゃ…などなど。子供たちも大好きなので、もんじゃやるよ〜というと大喜び。鉄板ものってそれだけでちょっとパーティー気分ですもんね。そのうえハガシを使って食べるのってそりゃ楽しいわけで。

昼間にママ友呼んでやってみたら、これがなかなか好評。意外とおうちではみんなやらないらしく喜んでもらえました。

準備も作るのも簡単なのに喜んでもらえる…こんなおいしい話はない。

サンキュー、ソウルフード

ちなみに写真は定番の

メンチーモンベビーモッチー。

カタカナで書くとソウルフード感倍増。

ちょうちょ結び

こんにちは、一休です。今日まで午前保育なのでまだ忙しなさは続くものの、1人の時間のありがたさをヒシヒシ感じています。お天気良ければもっとうれしいんですが。

 

ちょうちょ結び。

いつからできるようになったのか、下手ではないはず…と思うものの、大人になって久しい今でもなぜか左の靴ひもが嘘みたいに解けるのはなぜでしょう。そういえば、上の子にどうやって教えたっけ?それすら覚えていないので、自分のことなど思い出せるはずもないわけで。

先日、親友からちょうちょ結びの教え方、なるものを聞きました。お互い下の子が年長さん同士。近所に国立の小学校があるので受験をしてみるそうで、そのため通わせている塾で教わったとのこと。そっか、もう小学生になるのにちょうちょ結びできたほうがいいのか、と。

ちょうちょ結びを教えるポイントは色の違う2色のひもを使うこと!試しに1色でやらせてみたらなかなかうまくできなかったのに、2色にしてみたらサッとできたらしい。今では海水パンツの紐さえさっと自分で結べるのだそう。幼稚園生でちょうちょ結びとはすばらしい!これはなかなかいいこと聞いたぞ。

久々に開いた裁縫箱からリボンタイプの紐も発見。そうだったそうだったちょうちょ結び!

早速、2色をつないで練習ひも完成。それを持ってスイミングへ。プールを終え、上の子のクラスを待っている間に練習。びっくりするほどぎこちない手つきの娘。え?なんでその手がそんな風になっちゃうの?…口で説明するも伝わらない。ギコギコと聞こえてくるようなぎこちなさ。何にも考えずにちょうちょ結びしてるこっちにとって、口で説明するのがこんなに難しいとは。そうじゃなくて…なんて言ったらいいんだろう…となることが多数。結局自分がやってみてやる動作を口にして聞いてもらった。

こんなしがないインストラクターから伝授されなんとか結んだちょうちょ結び。ところが一度できるとそれはもうできたってことらしい。自転車に乗れる感じというんでしょうか…乗れてしまえばこっちのもん!ばりに何度も解いては結び、解いては結び、楽しくちょうちょ結び。ぎこちなかった手つきはどこへやら。できるのがうれしいのか結んだ後のドヤ顔がすごい。

f:id:ikuko1953wata:20170907072749j:image

私たちにとっては当たり前のことでどう身につけたかすら覚えてないことでも、子供にとっては未知の経験でやったことがないことがたくさんあるとのこと。

安全ピンの刺し方とか、円や星の形の紙を手でちぎるとか、番号を順に辿っていくと絵になるものも運筆の練習になるとか。木登りやジャングルジムに登ること、生活スタイルが変わったせいで階段すら昇ることができない子も増えているとか。

子供の脳と身体に新しいことをインプットしていく経験をさせる…おもしろいけど、言われるまで気づかなかった。

 

そう言われてみると…上の子がガムを出していないのに気づいたのは1年前。さっき食べてたガムどうした?と何気無く聞いたら、そんなの飲み込んだに決まってんじゃん…え?何?ガムって出すもんなの?と。それまでガムは全て飲んでいたらしい。

気づいてよかった。ちょうちょ結びできない子より、ガム飲む女のが引くわ…。

それもこれも経験なんだ。

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

ガムを一緒に食べる経験ってなかったなぁと、一緒に食べていると、フーセンができないから教えてほしいとのこと。これがまたなかなかうまく伝わらない…。じゃあこれは?とタン!とガムを鳴らす技を伝授。

横でダンナにそんな下品なこと教えなくていい!とストップがかかる。

うーん、当たり前って当たり前じゃないんだ。

 

お祭りシーズン

こんにちは、一休です。

9月に入りました。なんとも言えぬ開放感。新学期、やりたいことを片っ端からやっていこう!人生楽しまなくちゃ!と妙にテンション高い自分がいます。

 

お祭り。

子供の時は山車を曳いたり、子供神輿を担いだり、盆踊りに行ったり。いつの頃からか離れてしまいました。

2年前まで住んでいた地域はだんじり祭りが行われていました。盆踊りは河内音頭。新鮮ではありましたが、なんとなくアウェー感。遠くから見学するかんじでいました。

その頃、職場の仲間と来るたびに行っていたオクトーバーフェスト。旅役者のように全国を渡り歩く有名なビールのイベントなんですが、飲んでいるとちょいちょい乾杯の歌やラインダンスが演奏されます。知らない人同士が乾杯を通して繋がったり、曲の間はみんなが同じ振りで踊ったり、電車ごっこのように繋がったり…なんとも言えない一体感!曲が終わると、どうも〜と軽く挨拶をしてまた席に戻ってビールを飲む…ちょうどいい距離感。アガる〜ってこういうことかという体験でした。なので、仲間うちの誰かがオクトーバーフェストの知らせを見たらすぐに連絡が来て、予定を合わせて飲みに行く…というのが恒例になっていました。今でもオクトーバーフェストの貼り紙を見ると、またあの仲間と行きたいな〜と懐かしくもあり、寂しくもあり。

 

こちらに引っ越してきてすぐに祭り見物好きの母から実家の近くで盆踊りがあるから来れば?との声かけが。上の子が風邪をひいてしまいダンナとお留守番。下の子だけ連れて行ってみると、なんとも言えない懐かしさ。東京音頭に炭坑節、ドラえもん音頭にオバQ音頭!そうそう、この調子!久々に踊りの輪に入ってみる。一曲の中で何度も繰り返される同じ振り、簡単で余計なものがないシンプルさ、何十年も変わらない不変の振り付け!子供も見よう見まねで踊ってる。

ヤバイ、アガる!

この感じ何かに似てる…そうだ、オクトーバーフェストだ!シンプルな振りで見ず知らずの人同士が一緒に踊る…なんとも言えない一体感。グルーブ感。私が外国の人なら、オー、ジャパニーズ盆ダンス、ソー、ファンタスティック!って言うだろうな。フェスト…フェスタ…フェス…フェスティバル…そうか、祭り。一緒だ。なんでもっと早くこの盆踊りの良さをわからなかったのかと損した気分。

盆踊り、熱い!

 

それから盆踊りと貼り紙を見るたびに心躍り参加してます。風邪の治った上の子も最初はわかんない、恥ずかしいなんて言ってたもののグルーブ感を覚え大興奮。下の子は眠いのに踊りたい…目をつぶりながら踊る始末。それを見ていた母と、亡くなった祖母も盆踊りが大好きであちこち踊りに行っていたよね、と。盆踊りのある日、祖母はお昼を食べ終わると町内会の浴衣に着替え、早々と出かけ仲間と合流し盆踊り前に町会のテントで一杯引っ掛け、始まりから終了まで踊っていた。昔は、大人は遅い時間まで踊っていて、子供は先に帰らされた記憶がある。祖母は夜遅くに帰宅してまた次の日も同じように参加。お友達の住む地域にもあちこち踊りに行っていた。知っていたんだろうな、グルーブ感。お揃いの浴衣まで誂える…今でいうおそろコスプレよね。

母と話していて思った。先祖のことを思い出して、踊りを捧げる…まさに、これぞ盆踊り。

 

去年、ママ友に誘われて参加した山車曳き。ダッシュでやり回しして観客を魅力するだんじりもいいけれど、子供がゆっくりのんびり街を練り歩く山車も懐かしくてほっこりする。今年ももちろん参加。子供達はお菓子目当てだけれど。

昼間は山車曳き、夜は盆踊り。

ママ友の子…つまり子供たちの同級生も去年からすっかり盆踊り仲間。後でね〜と別れる。

f:id:ikuko1953wata:20170904104546j:image

1日の山車曳きと盆踊りでこれだけのお土産をいただいた。町内会のみなさんの大変さが伺える。子供を想う、ここにも日本の祭りの良さを感じる。しかも、しゃり蔵ゲットでありがたさ倍増。

踊る阿呆に見る阿呆どうせ阿呆なら踊らにゃ損損。

さ、次はどのフェスに参加しようかな。

マジ、アガる〜

デジタルのデメリット

こんにちは、一休です。

さぁ、夏休みも最終日。雨で学校のプールもお休み。本当にどんよりとしたお天気の多い夏でした。まさかの夏休みブックのくもりシールも早々売り切れ。日も大分短くなって、秋の気配。今日はグッと涼しいです。

 

家計簿をデジタル化して1ヶ月。

旅行先でも家計簿をつけてレシートをバシバシ捨てられるのってデジタルの醍醐味よね〜とカメラでレシートを読み込み…今のちゃんと入力できたかな?とアプリ内のカレンダーをタッチしてみると、強制終了。え?再度立ち上げてみる…合計金額が0になってる。は?先月分は?と再度カレンダーをタッチ、強制終了。

どういうことかよくわからないけど、とりあえずお知らせを見てみると7月末にバージョンアップされていたらしい。え?もしかしてこれのせい?

ツィッターを見てみると、どうやら不具合が出ている模様。私だけではないみたいだけど、データが消えてるっぽい。なんだか始めてすぐにこれって…アナログの祟りか、なんて思ったり。そうは言ってもすぐ復旧するのかな。 

8月10日すぎに再度アプリを開いてみると不具合のお知らせが。やはりバージョンアップ後、うまく作動してないらしい。原因究明中とのことだが、不具合の現状をメールで送らなきゃいけないらしい。送るまでがめんどくさいし、何言われてるのかわかりづらい…途中で断念。今までが便利だっただけにとても残念でならない。

ツィッターではそろそろみなさんお怒りモード。他のアプリに変えたという方もチラホラ。溜まっていくレシートを見て不安になる…このまま待つべきか、他に乗り換えるべきか。

ああ、これがデジタルのデメリット。

手書きで紙じゃないからバックアップを取っておかなきゃどうにもならないってやつ。いやいや、そこまで真剣にやろうって思ったわけじゃなく、なんとなしに付けてただけだし、まだ2ヶ月目だし…バックアップなんてそんな大袈裟なこと言われても…ってのは言い訳にならないんだろうか。昭和アナログ世代の負け惜しみなんだろうか。

これは、デジタル化に踏み切った時に参考にした本の著者のように、ダメなら1ヶ月で削除…すべき事例なんじゃなかろうか。

いや、でも、これだけすばらしいアプリ。復旧してくれるならぜひまた使いたい、もう少し待って治るならそれにこしたことはないわけだし…。

半月以上経ってしまった。アプリは配信停止中とのこと。このご時世にこのまま復旧しないなんてことも考えられるのか?言っても無料配信のアプリだもんな…。

溜まりに溜まったレシートを見ながら葛藤。

私なりに考えて、とりあえず他のアプリをダウンロードしてみる。溜まりに溜まったレシートを読み込んで廃棄。今までのアプリはデスクトップからは移動したものの、とりあえず保留することにした。

この新しいアプリ、スムーズでなかなかできるやつ。ただ私には出来すぎていて、そこまで望んでないんだよなぁ…と思ってしまう。クレジットカードを登録しようもんならそっちのサイトまで飛んでくれる。うーん、そういうつもりじゃないんだよな…もっとゆるいかんじでいいんだよな…。

前のアプリ…不具合のくせに、レシート入力の時間だよ!とちょいちょい言ってくる…ちょいちょい開くものの、ため息。まだダメか。

またレシートが溜まり出した。

すると、前のアプリ、ようやくアップデートされてる!ダウンロードしてみると、どうやら不具合メールがスムーズに送れるようになった。と喜んだのも束の間、それのみだった。まだ復旧できないらしい…

ああ、もう!!

でも、わかった。自分の気持ちがハッキリと。やっぱり今までのアプリがいい。いつ復旧するかわからないけど、それでも待つことにする。新しいアプリはとりあえず8月分だけ使おう。あとはレシートためて待とう。

私待つわ、いつまでも待つわ。

てやんでえ、こちとら情の深い昭和製だい!

明日から待ちに待った新学期。

スタンプラリー

こんにちは、一休です。

半年くらい前に見つけたJR東日本77駅のスタンプ。結構前からあったようなのですが、全く気づかずにいました。図柄も駅ごとに違って趣きがあってなかなかステキ。娘がえらく気に入って、集めたい!と熱望。春休みに集めに行こうかと話ししていたもののお流れになってしまい、今回夏休みに集めに行ってついでに自由研究にしよう!ということに。

ただ、夏休み…JRのスタンプラリーと言えば、ポケモン。こちらもついでに集めるか…77駅だけにするか迷いながらも、娘たちのポケモン大好き熱に押され一緒に集めることに。

ダブルスタンプラリー。

とりあえず都区内パスを購入し、スタート!77駅とポケモン…始めてみるとなんだか忙しない。かぶっている駅もあったりするが、77駅スタンプ都区内パスで行けるところに加え、エリアを越えて常磐線が取手まである。ポケモンは全部集めようとすると千葉・埼玉・神奈川にまたがり、東は牛久、南は蘇我、大船、西は八王子、北は上尾、川越までと広範囲。ホリデーパスを買えば行ける範囲内ではあるものの、1日で東西南北回るのはなかなか厳しいものがある。しかもポケモンは8月20日までの限定。

さぁ、どうしたもんか。77駅は自由研究だから全部集めるとして1日はホリデーパスだな。それでなんとかポケモン1エリアクリア、景品1つもらえれば娘たちの気も済むだろうと私の中で納得していた。

期間中は通常77駅スタンプのあるところにポケモンスタンプが来ている。なので、77駅スタンプみどりの窓口か改札の横の駅係員さんがいるところに一時的に移動されている。たまに来るスター俳優に主役を譲る劇団俳優のよう…。ポケモンスタンプ集めてる人でも77駅スタンプの存在を知らない人がほとんどなんだろうな、なんて思ったりする。だって、ママ友たちと自由研究どうするかの話した時も77駅スタンプのことみんな知らなかったもの。ポケモンスタンプは知ってたけど。

初日、途中で聞いた6個集めてエリアゴールに4時半までに持って行くとポケモンスタンプ帳と巾着袋がもらえるというのでそちらを優先したため、思ったほど集められずに終了。やはりダブルスタンプ、なかなか時間がかかる。

ダンナが夏休みもう1日取れるというので、ポケモン期間中に取ってもらうようお願いした。その日は77駅の取手まで行く予定で計画していたので、足を伸ばして牛久まで行ってポケモンもゲットするつもりだった。ホリデーパスは大人2670円、子供1330円かかる。ダンナにまかせ、私は家で試験勉強をさせてもらうことにした。ダンナは前日会社帰りにホリデーパスを購入し、朝早く3人で出かけて行った。ちょっと遅くなると連絡あるものの帰ってきてびっくり。牛久から蘇我、大船、八王子まで行って帰ってきた。ホリデーパスを駆使してやったぜ!こうなったらポケモン全部ゲットする!…サトシか。出た出た、収集欲。一歩引いて俺興味ないからってオーラ出すくせにやり始めると乗っちゃうO型君。でも、このやる気…私としてももう一日、ゆっくり試験勉強できる日が増えるので悪い話ではない。なので、削がないようにと翌日お昼から都区内パスで回れるところを回りきっておいた。案の定、おお、これだけ揃ってたら行かないわけにいかないじゃないかぁ…と言いながら、また朝早くから埼玉方面に娘たちを連れ出してくれた。

なんとか揃ったポケモンスタンプ。最終日に景品交換に上野まで行くと長蛇の列。これだけの人がスタンプラリーしてたんだとびっくり。これは大当たりの企画。だから毎年開催されてるんだなぁと改めて納得。ポケモンの根強い人気に感心。景品は在庫切れで後日郵送してくれるらしく、申込ハガキをもらって帰る。

f:id:ikuko1953wata:20170830114216j:image

スタンプラリー。初めてやってみたけど、なかなか時間つぶしになるし、ずっと電車に乗っているのでなかなかのお出かけ感。思ったより楽しかった。確かに、鉄道会社の戦略にうまく乗せられてるけどそれも含めていい思い出になった。娘は自分で駅員さんに聞く係に名乗りを上げ、駅スタンプがどこにあるか聞いたり、スタンプの台紙をもらいに行ったりした。きちんとお礼も言えていたし、駅員さんの優しい対応にも触れられた。

帰宅し、夏休みの宿題のチェック。自由研究の77駅スタンプをノートに貼り出してみると…あれ?田端駅がない。行った記憶はある…下の子はスイクン!と田端駅のポケモンをすぐに口にした。

ああ、やっぱりあったか押し忘れ…しかも、私が行った駅…フフ、これで終わったと思うなよ、とダブルスタンプラリーに言われているよう。

行ってきます、通常営業の劇団俳優に会いに。